現在3名が活動中の地域おこし協力隊の活動をより多くの皆さんに知っていただくため、隔月で発行している「柴田町地域おこし協力隊通信」の第5号が発行されましたので、ぜひご覧ください。

柴田町地域おこし協力隊通信第5号(令和4年6月15日発行)[ 803 KB pdf]

地域おこし協力隊とは、都市地域から過疎地域などの条件不利地域に住⺠票を移し、概ね1~3年間、地域に居住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PRなどの地域おこしの⽀援や、農林⽔産業への従事、住⺠の⽣活⽀援などの「地域協⼒活動」を⾏いながら、その地域への定住・定着を図る取り組みです。