町では、新たな財源確保を目的とし、施設等に愛称を付与させる代わりにネーミングライツを取得した民間事業者等から対価を得る「ネーミングライツ事業」に取り組んでいます。

 この度、柴田球場において、株式会社アステムとネーミングライツ契約を締結いたしました。契約の概要は次のとおりです。
 
なお、今回の契約が柴田町にとって初めてのネーミングライツ契約になります。

対象施設 柴田球場
契約相手方 株式会社アステム(蔵王町)
愛称 ASTEM(アステム)チャレンジスタジアム
ネーミングライツ料 100万円(年額)
契約期間 令和3年4月1日から令和8年3月31日まで

 これにより、契約期間中は、「柴田球場」の名称ではなく、愛称の「ASTEM(アステム)チャレンジスタジアム」を使用することとなります。
※条例の名称を変更するものではありません。

 

※他の施設のネーミングライツ募集については、こちらをご覧ください。