ヘルプカードとはどんなカード?

ヘルプカードは「手助けが必要な人」と「手助けする人」をつなぐものです。
障がいのある方などがまちに出たときに、予想もしていなかった場所で、思わぬ困り事が起こる事があります。そんなとき、周りの人に手助けしてほしいことを「うまく伝えられない」ということがあります。
そこで、お互いをつなぐのがこのヘルプカードの役割です。 

ヘルプマークについて

ヘルプカード同様に、援助や配慮が必要なことを周囲の人に知らせるためのマークです。ストラップとして鞄に下げるなどして利用できます。
東京都が最初に作成し、全国的に広がりを見せています。 

利用できる方
  • 目や耳、言語の障がいがある方
  • 知的、精神、発達などの障がいがある方
  • 内部障がいや難病の方
  • 妊娠中の方
  • 病気やけがで手助けや配慮が必要な方 
理解してご利用ください

ヘルプカードには、大切な個人情報が記入されます。持ち歩き方や記入する内容は、家族や支援者の方と十分に相談しましょう。メリット・デメリットをよく理解したうえで活用してください。 

ヘルプカード・ヘルプマークの配布について

郵便での受付配布は行っていません。 

受け取れる方
  • 利用者本人
  • 家族または支援者
配布場所
  • 柴田町福祉課
  • 槻木事務所

 

関連資料