献血

献血にご協力お願いします

 血液は人工的に造ることはできず、また、長い期間にわたって保存することができません。そのため、輸血に必要な血液を十分に確保しておくためには、絶えず誰かの血液が必要となります。輸血用血液の多くはガンや血液疾患の治療に使われています。
 柴田町では事業所等からご協力いただいているほか、役場などで全血献血(400、200ml献血)を行っております。献血は、健康な方なら誰でもできるボランティアです。皆様のあたたかいご協力をお願いいたします。
 献血の日程は、ホームページやお知らせ版などでお知らせします。

 

平成30年度献血協力団体表彰

 陸上自衛隊船岡駐屯地(厚生労働大臣表彰状)

 柴田町商工会(宮城県知事褒状)

協力いただいている事業所等(敬称略・順不同)

 ・東北三和鋼器(株) ・みやぎ仙南農業協同組合本店 ・仙台大学 ・(株)ヨークベニマル柴田店

 ・ザ・ビッグ柴田店 ・三愛ロジスティクス(株) ・昭和電線ケーブルシステム(株)仙台事業所

 ・宮城県柴田高等学校 ・リコーインダストリー(株) ・山崎製パン(株)仙台工場 ・陸上自衛隊船岡駐屯地

 ・柴田町商工会 ・(株)サカモト ・宮城県立船岡支援学校 ・(株)五洋電子 

   ・北日本電線(株)船岡事業所、槻木事業所

※ 東日本大震災の影響で沿岸部の事業所からの協力が難しく、県内の献血者数は減少しています。柴田町内で協力いただける事業所等を随時募集しております。

 

献血についての詳細

  採血基準や間隔などの詳細は、宮城県赤十字血液センターのホームページをご覧ください。
 宮城県赤十字血液センター

 骨髄バンク

骨髄バンクとは

 骨髄バンクは、白血病をはじめとする血液疾患などのため「骨髄移植」などが必要な患者さんと、それを提供するドナーをつなぐ公的事業です。

 適合するドナーが見つかる確率は兄弟姉妹でも4分の1、血の繋がっていない他人になると数百~数万分の1です。移植を希望する患者さんのため、1人でも多くの方のドナー登録への協力が必要です。

柴田町骨髄バンクドナー助成事業について

平成31年4月から、公益財団法人日本骨髄バンク(以下「骨髄バンク」という)が行う骨髄・末梢血幹細胞(以下「骨髄等」という)の促進を図るため、骨髄等の提供者(ドナー)に対して助成金を交付します。

 

助成の対象となる方

 次のすべてに該当する方を対象とします。

1.骨髄バンクより、骨髄等の提供の完了(又は提供の中止)を証明する書類の交付を受けている方

2.骨髄等の提供日(又は提供中止日)に柴田町に住所を有している方

3.町税等を滞納していない方

4.他の自治体等が実施する同種同類の助成金等を受けていない方

 

助成の対象

 次の骨髄等の提供に要した通院・入院等を対象とします。

1.最終同意のための面談

2.健康診断のための通院(最終同意以降の通院に限ります)

3.自己血採血のための通院

4.骨髄等の採取のための入院

5.その他骨髄等の提供に関して、骨髄バンクが必要と認める通院等

 

助成金額

 骨髄等の提供のために要した通院及び入院の日数、1日につき2万円。

 ※7日間14万円を上限とします。

 

申請手続き

 骨髄等の提供日(又は提供中止日)から1年以内

〈申請に必要なもの〉

1.骨髄バンクが発行した骨髄等の提供等を証明する書類の原本

2.社会保険各法に基づく被保険者証、組合員証、又は加入者証の写し

3.申請者の口座番号が分かるもの(通帳等)

4.朱肉を使う印鑑

 ※交付を決定したときは申請者に通知し、指定の口座に振り込みます。

 

柴田町骨髄バンクドナー助成金交付申請書兼請求書 [ 93 KB pdf]

日本骨髄バンクホームページ

 住所や名字が変更した場合は、届出が必要です。
 日本骨髄バンク