町税がスマートフォンで納付できます  

 令和2年4月から、スマートフォンなどで対象のアプリを利用し、納付書に印字されているバーコードを読み取ることで、町税を納付できるようになりました。

 

納付できる科目

・町県民税(普通徴収)

・固定資産税

・軽自動車税(種別割)

・国民健康保険税

 

対象のアプリ(50音順)

・支払秘書(https://wellnet.jp/

・PayB(https://payb.jp/

・PayPay(https://paypay.ne.jp/guide/

・LINEPay 請求書支払い(http://pay-blog.line.me/archives/74562305.html

※詳しい利用方法等については各アプリのガイドページをご覧ください。

 

(注意事項)

・各アプリの利用規約を確認のうえ、ご利用ください。
・決済手数料はかかりませんが、アプリのダウンロードや利用時に発生する通信費等は利用者負担になります。
・クレジットカードを利用しての納付には対応しておりませんのでご注意ください。
・町から領収証書は発行されません。アプリ内の取引履歴や支払口座の取引明細等で確認してください。領収証書が必要な場合は、金融機関・コンビニエンスストア等の窓口で現金納付をお願いします。
・継続検査対象車両の軽自動車税(種別割)を、アプリを利用して法定納期限内に納付された方については、継続検査用の証明書を郵送いたします。発送は5月中旬から下旬を予定しております。なお、前年度分までに未納がある場合は郵送されませんのでご注意ください。
・次の場合はアプリでは納付できません。(1)バーコードが印字されていない場合 (2)金額を訂正した場合 (3)バーコードが読み取れない場合 (4)取扱期限を経過した場合 (5)納付書1枚で金額が30万円を超える場合
・アプリで納付を行った場合は、納付書が手元に残ってしまいます。重複して納付することがないようご注意ください。