協力要請期間:令和3年9月13日(月)午後8時から令和3年10月1日(金)午前5時まで

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、宮城県の協力要請に応じて、営業時間の短縮に全面的に協力いただいた飲食店を対象に協力金を支給します。

 

 以下に概要を掲載しますが、詳しくは宮城県のホームページを必ずご確認ください。

 

【協力要請の内容】

〇要請内容:(1)午前5時から午後8時までの時間短縮営業

      (2)酒類の提供は午前11時から午後7時まで

       ※利用者による酒類の店内持ち込みを含む

〇対象期間:令和3年9月13日(月曜日)午後8時から令和3年10月1日(金曜日)午前5時まで

〇対象施設:食品衛生法の営業許可を取得している全ての飲食店 

                  ※従前から、午前5時から午後8時までの範囲で営業している店舗は対象となりません。

 

【対象となる要件】

食品衛生法の営業許可を取得していること。

○令和3年9月12日以前から開業しており、対象施設(店舗)での営業の実態があること。

○対象期間すべてにおいて、要請に全面的に協力いただくこと。

○県の「新型コロナ対策実施中ポスター(飲食店用)」の取得及び掲示等をしていること。

    ※県の「新型コロナ対策実施中ポスター(飲食店用)」を利用者が見やすい場所に掲示していただくことが必要です。

     また,掲示したことが確認できる写真が必要です。

    ※県の「新型コロナ対策実施中ポスター」は,新型コロナ対策実施中」ポスター(飲食店用)のページ

            または下記QRコードから申し込み及びダウンロードが可能です。

    ※オンラインでの申請が難しい場合は下記にお問い合わせください
     宮城県「食と暮らしの安全推進課」 Tel:022-211-2643

 

    ※「選ぶ!選ばれる!みやぎ飲食店コロナ対策認証制度」の認証店については,認証店のステッカーでも代用可能です。

    ※「選ぶ!選ばれる!!みやぎ飲食店コロナ対策認証制度」の認証店は原則として要請対象外ですが,営業時間短縮要請

      に協力した場合は協力金を支給します。

 

【支給額】

協力金の申請は事業者ごとに行いますが,協力金の額は施設(店舗)ごとに算出します。

1施設(店舗)あたりの金額(算定方法)は以下のとおりです。

  (1)中小企業者

   ・前年度又は前々年度の1日当たり売上高が83,333円以下の場合      45万円(2.5万円/日×18日)

   ・前年度又は前々年度の1日当たり売上高が83,334円~250,000円の場合  (1日当たりの売上高の3割)×18日

   ・前年度又は前々年度の1日当たり売上高が250,001円以上の場合       135万円(7.5万円/日×18日)

 ※売上の減少が著しい中小企業者は、(2)の算定方法を選択することも可能です。

 (2) 大企業

  ・(前年度又は前々年度と今年度を比較した1日当たり売上高の減少額)×4割×18日  (上限360万円)

 ※但し,前年度又は前々年度の売上高の3割又は20万円のいずれか低い方が上限となります。 

 

   ※1日当たりの協力金の単価の算定にあたっては,千円単位に切り上げます。

  ※支給額算定に用いる売上高は,消費税・地方消費税を除いた金額となります。

※要請期間が短縮された場合には,短縮された日数に応じて協力金の支給額も変更になります。

 

【申請受付等について】

申請受付は対象期間終了後速やかに開始できるよう準備中です。準備が整い次第,ホームページ等で公表予定です。

 

【宮城県の窓口】

現在示されている申請要件について、宮城県のホームページを必ずご確認ください。

○県ホームページ(https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/fukensui/coronavirus-kyoryokukin-sendaiigai210910.html

○時短要請相談窓口(コールセンター)電話022-211-2793