老齢年金を受給するためには資格期間が25年(300月)以上必要でしたが、平成29年8月1日からは10年(120月)に短縮されます。
これまで年金を受給することができなかった人も年金が受給できる可能性があります。
日本年金機構では、新たに受給権が発生する方に対し、右上に「短縮」と記載のある黄色の封筒をお届けしています。
詳細は「日本年金機構ホームページ」をご覧ください。

手続きする際は大変混み合いますので、「ねんきんダイヤル(TEL0570-05-1165)」でご予約のうえ、お早めに年金事務所で手続きを行ってください。
※年金の加入期間が国民年金第1号のみの方は町役場窓口で請求手続きができます。