高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチン予防接種は、平成26年10月から予防接種法に定められた定期接種となりました。

主に65歳以上で下記の対象者となる方は、肺炎球菌ワクチンの定期接種(費用助成)を1回受けることができます。

定期接種の対象者は毎年異なるため、接種を希望する場合はこの機会を逃さないようにご注意ください。

 

平成30年度対象者

下記(1)、(2)のうち、過去に肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方

(1)  平成30年度に下記の年齢となる方

対象年齢一覧

年齢

生年月日

65歳となる方

昭和28年4月2日~昭和29年4月1日生

70歳となる方

昭和23年4月2日~昭和24年4月1日生

75歳となる方

昭和18年4月2日~昭和19年4月1日生

80歳となる方

昭和13年4月2日~昭和14年4月1日生

85歳となる方

昭和 8年4月2日~昭和 9年4月1日生

90歳となる方

昭和 3年4月2日~昭和 4年4月1日生

95歳となる方

大正12年4月2日~大正13年4月1日生

100歳となる方

大正 7年4月2日~大正 8年4月1日生

 

  (2) 60歳から65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器の機能の障害またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する身体障害者手帳1級をお持ちの方

 

注1) 定期接種の対象は、接種歴のない方1回限りです。対象となる年度にのみ費用助成が受けられます。

    任意接種(全額自己負担)を含め、過去に接種を受けたことがある方は対象外となります。

注2) 上記(1)の対象者には、平成30年4月下旬に個別通知(ハガキ)をお送りしています。

 

申込み 

  • 個別通知(ハガキ)を受け取った方で、接種を希望する場合は健康推進課(TEL55-2160)へお電話ください。後日、接種に必要な書類(予診票等)を自宅へ郵送します。
  • 届いた書類をよく読み、予防接種の効果及び副反応等を十分に理解した後で、早めに実施医療機関へ予約をして接種を受けましょう。

 

接種期間

 平成31年3月30日(土)まで

 

接種回数

 1回

   

接種料金(自己負担料)

 2,500円

  • 生活保護世帯の方は、医療機関で生活保護受給者証を提示すると無料になります。

   

 実施医療機関

(1)町内医療機関(50音順)

 乾医院、いのまた胃と腸・内科クリニック、太田内科、大沼胃腸科内科外科医院、しばた協同クリニック、玉渕医院、船岡今野病院、ふなばさま医院、宮上クリニック、村川医院、毛利産婦人科医院

(2)町外医療機関

 宮城県広域化予防接種事業により、県内の指定医療機関でも接種が受けられます。接種を希望する場合は、事前に医療機関または健康推進課へお問い合わせください。

 

 肺炎球菌ワクチンとは

 肺炎球菌は主に気道の分泌物に含まれる細菌で、唾液などを通じて飛沫感染し、気管支炎や肺炎、敗血症などの重い合併症を引き起こすことがあります。日常的に生じる成人の肺炎のうち1⁄4~1 ⁄3は肺炎球菌が原因と考えられています。

 肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による感染を予防するワクチンです。接種することで重症化を防止する効果もあります。ただし、肺炎の原因は肺炎球菌だけではないため、すべての肺炎を予防するものではありません。