創業支援事業計画とは

 平成26年1月20日に施行された「産業競争力強化法」に基づき、国が地域の創業を促進させることを目的に行うもので、市区町村が地域の民間事業者等と連携してワンストップ相談窓口の設置や創業セミナー等の創業支援を実施する計画です。経済産業大臣の認定を受けた市町村で、特定創業支援事業の支援を受けた創業者は、会社設立時の登録免許税の軽減や創業関連保証の拡充などの支援を受けることができます。

柴田町創業支援事業計画の認定について

 平成26年1月20日に施行された「産業競争力強化法」に基づき「創業支援事業計画」を策定し、平成28年8月31日付けで経済産業大臣及び総務大臣から認定を受けました。

 

 ※詳しくは下記の経済産業省のホームページ内にあるリンク先のページをご覧ください。

 ■産業競争力強化法に基づく「創業支援事業計画」の認定をしました(第9回)

柴田町創業支援事業計画について

 本計画で柴田町は、柴田町商工会を連携創業支援事業者とし、創業希望者等に対して、窓口相談をはじめとした創業支援を行います。

 

 創業支援事業計画 [226KB pdfファイル] 

 創業支援事業計画の概要 [168KB pdfファイル] 

特定創業支援事業について

 特定創業支援事業とは、市町村又は連携創業支援事業者が創業希望者等に行う継続的な支援で、経営、財務、人材育成、販路開拓の知識が全て身につく事業です。

 柴田町商工会が行う特定創業支援事業を受けた方は、会社設立時の登録免許税の軽減や創業関連保証の拡充などの支援を受けることができます。